いまなにブログ

今何が起きてる? 特にみんなが関心のある
ニュースやスポーツなど
トレンド情報をいち早くお伝えします!

    カテゴリ:海外スポーツ > サッカー

    酒が自殺の衝動を引き起こす?『三浦春馬さん「尋常じゃない酒量」報道…アルコールが引き金になるリスクは』


    やはり酒に飲まれないようにしないと。

    三浦春馬さん「尋常じゃない酒量」報道…アルコールが引き金になるリスクは 三浦春馬さん「尋常じゃない酒量」報道…アルコールが引き金になるリスクは
    あまりに突然すぎた俳優・三浦春馬さん(30)の死。その動機は不明だが、スポニチアネックスは19日、〈酒量増え自暴自棄に 友人明かす「2年以上前から……」〉などと報じていた。 それによると、三浦さんは…
    (出典:エンタメ総合(日刊ゲンダイDIGITAL))


    三浦 春馬(みうら はるま、1990年〈平成2年〉4月5日 - 2020年〈令和2年〉7月18日)は、日本の俳優、歌手。茨城県土浦市出身。生前はアミューズに所属していた。 4歳の頃から児童劇団のアクターズスタジオつくば校に所属し、1997年にNHKの連続テレビ小説『あぐり』で子役としてデビュー。
    51キロバイト (6,401 語) - 2020年7月23日 (木) 03:06



    (出典 s.eximg.jp)



    【酒が自殺の衝動を引き起こす?『三浦春馬さん「尋常じゃない酒量」報道…アルコールが引き金になるリスクは』】の続きを読む

    レジのお姉さんがしているやつ、本当に効果あるの?「マウスシールド」


    なぜマスクにしないか、それなりの理由もあるんだね。

    接客業で多くみられる「マウスシールド」その有効性は【#コロナとどう暮らす】 接客業で多くみられる「マウスシールド」その有効性は【#コロナとどう暮らす】
    新型コロナウイルスを経験したことによって、私たちの暮らしは今後どのように変化するのか。Yahoo!ニュースに寄せられた ユーザーの声 の中に、マウスシールドの有効性を問うものがあった。これまでの論文…
    (出典:科学(石田雅彦))



    (出典 image.rakuten.co.jp)



    【レジのお姉さんがしているやつ、本当に効果あるの?「マウスシールド」】の続きを読む


     レアル・マドリードは、サンパウロに所属するU-20ブラジル代表MFイゴールゴメスの動向を追っているようだ。29日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

     レアル・マドリードはまたしてもブラジルの才能を引き抜こうとしているようだ。ブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールブラジル代表FWロドリゴ、U-23ブラジル代表MFヘイニエルと、ここ数年のマーケットで次々とブラジルから若手を補強しているクラブだが、今夏も新たな逸材を連れてきたい考えの模様。今回のターゲットは、サンパウロに所属するアタッカーのゴメスだ。

     現在21歳のゴメスは、レアル・マドリードの他にもバルセロナセビージャアヤックスが関心を示している逸材。ブラジル地元紙には“強化版カカ”と称されるその才能は、元ブラジル代表MFのカカ氏本人も「私自身を思い出させる」として認めている。5000万ユーロ(約59億円)の契約解除条項を持つゴメスだが、今夏ヨーロッパへと渡ることになるのかもしれない。

    サンパウロに所属するイゴール・ゴメス [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    数打ちゃ当たるって感じ…



    【青田買いのレアルがまたもブラジルの逸材獲得へ…その選手とは】の続きを読む


     バルセロナに所属するドイツ代表GKマルクアンドレ・テア・シュテーゲンが、サッカーを見ることにはあまり興味がないことを明かした。29日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。

     2014年にボルシアMGからバルセロナへと加入したテア・シュテーゲンは、同クラブの絶対的守護神として君臨している。しかし、スペイン紙『El Pais』とのインタビューで、サッカーについて意外な事実を告白した。

    スペインでは自分の対戦相手の名前について少し問題を抱えている。彼らがなんて呼ばれているかわからないことがある。ビデオを見せられたときには、その選手がどのように動き、どんなシュートを蹴ってくるかはわかるんだけどね。少し奇妙なことだね」

    よくわからないんだ。いい試合であったり、友達がプレーしている試合以外は、あまり多く見たりはしない。時々、選手の名前を聞かれたりするが、全くわからないこともあるね」

    バルセロナでプレーするテア・シュテーゲン [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    さすが天才…


    【バルセロナのテア・シュテーゲンが仰天発言!その内容とは…】の続きを読む


    ローマプレーするアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン(31)は残留を切望している状況だという。イギリスデイリーメール』が報じている。

    昨夏、アーセナルからのシーズンローンローマに活躍の場を移したムヒタリアン。出場機会を求めての移籍だったが、2度の負傷離脱もあり、ここまでセリエA13試合のプレーにとどまっている。

    しかしながら、2月初旬にケガから復帰後のセリエAだと、第23節から4試合連続で先発入りして3得点2アシスト。トータルでも6得点3アシストと結果を出しており、印象的な活躍も披露している。

    そういう活躍もあり、パウロ・フォンセカ監督が残留希望を明らかに。ムヒタリアンも最近、イギリスタイムズ』で監督の哲学と自身のスタイルマッチするとして、好意的なコメントを残している。

    そのなか、ムヒタリアンは今月初旬、妻との間に第一子が誕生。『デイリーメール』はローマ指揮官からの信頼に加えて、そうしたプライベートでの幸せも相まり、残留意向だと主張している。

    したがって、あとはクラブ間の交渉次第だという。最近のイタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』によると、ローマは最大1200万ユーロ(約14億3000万円)での投資しか考えていない一方で、アーセナル2000ユーロ(約23億8000万円)未満での売却を望んでいないとのことだ。

    なお、ムヒタリアンとアーセナルの契約は2021年夏まで。移籍金額で両者に隔たりがある状況を鑑みて、現時点で今季終了後のアーセナル復帰が既定路線のムヒタリアンだが、去就は果たして…。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    遺跡にはリスクもあり…



    【ローマのムヒタリアン、“公私ともに充実”で残留を切望】の続きを読む

    このページのトップヘ