政府によるナショナルロックダウン中の南アフリカでは、ジョギングはおろか散歩のために外出することも禁じられている。一日中家にいなければならず、身体がなまってしまう人も多い。そんななかポルトガルスーパースタークリスティアーノ・ロナウドが自身のインスタグラムで募集したエクササイズの挑戦に名乗りを上げた南アフリカの女性アスリートがいた。この女性アスリートは、ロナウドに大差をつけて大記録を打ち立てた。『Daily Mail Online』など複数のメディアが伝えている。

クリスティアーノ・ロナウドの挑戦とは、ナイキの「The Living Room Cup」というイベントの一つ。新型コロナウイルスによって都市が封鎖され自宅待機を余儀なくされている人達に楽しく運動してもらおうという企画だ。自身が所属しているユヴェントスの選手2名の感染が判明し、現在自主隔離中のロナウドが行ったのは、仰向けになり両脚を上げ、伸ばした両手を何回足先に触ることができるかという、見た目以上にコアマッスルを鍛えるエクササイズだ。これをロナウドは45秒間、時折笑顔を見せながら142回という記録を出し「君たちの記録を見せて」とウインクをして挑戦者を求めた。

これに挑戦したのが南アフリカの女性アスリート、キャスター・セメンヤ選手だ。800メートル走の女王と呼ばれるセメンヤ選手は黙々と驚くべき速さで腹筋を酷使し、45秒間で176回という記録を作った。セメンヤ選手は「私はなんとか45秒間で176回やり遂げたわ。悪くない日曜日ね」と、インスタグラムに動画とともに投稿した。ちなみに英マンチェスター・ユナイテッドブルーノフェルナンデス選手やディオゴ・ダロット選手も同チャレンジに挑戦したが、いずれも117回、105回とセメンヤ選手の足元にも及ばなかった。

セメンヤ選手は今夏予定されていたオリンピックが延期、ロナウドはヨーロピアン・チャンピオンシップが1年後に延期、またセリエAも中断が決定するなど、新型コロナウイルススポーツ界にも大きな影響を与えている。

画像は『Caster Semenya 2020年4月5日Instagram「Hola fellas thanks to @cristiano for his challenge, the beast himself did his best, I also manage to scoop 176 in that space of 45 seconds.」』『Cristiano Ronaldo 2020年4月5日InstagramHey guys, I have a new challenge for you to stay active: the Living Room Cup」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 FLYNN

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト


(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 img.footballchannel.jp)


これはすごい…



【ロックダウンの中、Cロナウドの記録を破った女性アスリートとは?】の続きを読む