『「 ブラックフライデー に向けた リトマス試験紙 」』


売店などはこの言葉に不快感を示して「ビッグフライデー」という言葉を作ったが、一般には「ブラックフライデー」で広まった。その後、フィラデルフィアの新聞が「小売業者が儲かり黒字になる」という解釈を発表してからは、良い意味で使われるようになった。「ブラックマンデー」(1987年の世界的株価大暴落の開始日)などという言葉との連想で使われている。
6キロバイト (783 語) - 2020年10月31日 (土) 06:58



(出典 apparel-web.com)