『魚による「ヒスタミン中毒」、4つの予防策』


病原性微生物・寄生虫 魚介類に含まれる細菌は冷蔵庫の温度では活動を抑えることができないため、食肉に比べ劣化しやすく食中毒のリスクが高い。例えば、サバ属の魚は冷蔵不十分な状態にあるとヒスタミン産生菌が増殖しヒスタミン中毒を起こす場合がある。貝類はその食生から細菌やウイルスを吸着しやすく、コレラや腸チフスの感染源となる場合がある。
16キロバイト (2,257 語) - 2020年8月24日 (月) 11:47



(出典 img.petokoto.com)