『リポート  ゴッホの言葉とともに見る「ゴッホ展」 東京・上野の森美術館で開催中』


像を確立しようとする動きの到達点を示すものであった。同様のゴッホ展は各国で開催され、没後100年に当たる1990年には、ファン・ゴッホ美術館が回顧を開催した。 1990年のカタログによれば、1948年から1990年までの間にファン・ゴッホを題材としたドキュメンタリーおよびフィクションの映像作品は
241キロバイト (31,718 語) - 2020年10月30日 (金) 21:38



(出典 parismag.jp)