レアル・マドリードは、サンパウロに所属するU-20ブラジル代表MFイゴールゴメスの動向を追っているようだ。29日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

 レアル・マドリードはまたしてもブラジルの才能を引き抜こうとしているようだ。ブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールブラジル代表FWロドリゴ、U-23ブラジル代表MFヘイニエルと、ここ数年のマーケットで次々とブラジルから若手を補強しているクラブだが、今夏も新たな逸材を連れてきたい考えの模様。今回のターゲットは、サンパウロに所属するアタッカーのゴメスだ。

 現在21歳のゴメスは、レアル・マドリードの他にもバルセロナセビージャアヤックスが関心を示している逸材。ブラジル地元紙には“強化版カカ”と称されるその才能は、元ブラジル代表MFのカカ氏本人も「私自身を思い出させる」として認めている。5000万ユーロ(約59億円)の契約解除条項を持つゴメスだが、今夏ヨーロッパへと渡ることになるのかもしれない。

サンパウロに所属するイゴール・ゴメス [写真]=Getty Images


(出典 news.nicovideo.jp)

数打ちゃ当たるって感じ…